シャボン玉のブログ

韓国情報、韓国聖殿の近況や私の日常のつぶやきなど綴っていきたいです。

麗水救国祈祷会での조군자宗族メシア会長の挨拶

先日(5/4~5/5)麗水において救国&双合十勝日祈祷会がありました。
5/5祈祷会は清平ガーデンのすぐ近くの海辺でやったので、youtubeはあるのですが、波の音が大きく入っていて、​波の音に声が消されてよく聴こえません。^^; 


​5/4夜、조군자(チョ・グンジャ / 大山のお姉さん)宗族メシア会長挨拶の一部抜粋です。



조군자 종메회장(여수 구국기도회중에)


残念ながら、私は5日朝に到着したので直接聴けませんでした。^^;
実際は30分程の内容でしたが、youtubeは3分以内が負担なく
多くの方が入って見れるので、短く編集されています。


youtubeに無い内容は、お父様が大山のお姉さんをマッチングしてくださった祝福の証。
お父様が『韓国人は心情が深い、日本人は頭が良い』と表現されたことがあった、というお話もされたそうです。


大山のお姉さんご自身は、お父様は"日本人は心情が深くない”と言えずに、
”頭が良い"と表現してくださったのだと思われたそうです。


・・・・・・・・


<日本語訳>
 
ですから、祝福でも最先端の祝福を受けるのです。
それだけでも感謝しなければいけません。
私たちが そのようなアベルカイン・・ 


・・・なぜならば、仕方ないのです。
蕩減復帰なので、お父様もアベルカインをこのように一つに結んで・・


日本はカインの母なので、エバ国家なので、
他の国々は息子娘の国です。皆、エバ国ではありません。
息子娘の国であり、弟妹の国と、このようになるのですが、 


 (日本は)カインの母の国ではないでしょうか?
それでお母様は日本をとても好かれました。自分の国だと。
自分の国だとお母様は好かれたではないですか。
ところが、カインの至らなさがあって・・ 


 しかし、それは1代で終わります。
2代3代はこれから韓国人と同じ心情をもって生まれるのではないでしょうか?
自分の息子娘と同じくなるので、それを感謝しなければなりません。 


それでそういう内容でもって、本当に足らないですが
今回この時に100日祈祷を捧げながら・・ 


​(しかし)これがすべてではありません。
​100日祈祷を終えたら、またしなければなりません。
しきりに行動しなければならないのです。私たちは死ぬまで。
国の危機なので100日祈祷を出発点として・・ 


昔、(そして)3年前にも韓国の女性たちはそれほどまでに
絶対信仰を立てて国を生かしたので、
私たちも祈祷をしてでも100日祈祷を何回してでも
「この危機から免れるように」と精誠を捧げなければいけないのではないでしょうか。


そのような意味から始めました。
本当に足らないですが、​このようにお越しくだって共にしてくださり感謝申し上げます。







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。