シャボン玉のブログ

韓国情報、韓国聖殿の近況や私の日常のつぶやきなど綴っていきたいです。

權教授;「UCIの『天一国二代王の問題』分析」その6. 天一国二代王権に対する不満


● 天一国二代王権に対する不満 (日本語字幕,4分)


2017年8月
 權寧畢(クォン・ニョンピル)教授
■ 「UCI의『天一國 二代王의 問題』分析」


●その6 "天一国二代王権に対するUCIの不満”

 ▼天一国二代王権に対するUCIの不満について

(UCIは) 聖和3周忌の時に「天一国二代王即位式を強行した」と不満を言っています。


2015年8月にセンチュオリ教会で天一国二代王即位式がありました。



「強行」というのは反対を退け押し通すことを言います。 当時、美国(米国)センチュオリ教会では、兄任(ヒョンニム)であられる文國進任(ムンクッチンニム)が王冠を準備し文亨進任(ムンヒョンジンニム)ご夫妻に直接王冠を文國進任夫妻がかぶせて差し上げました。


これはチャムアボニムが三代王権を命じられたので、二代王として出発式をしたものです。世界平和統一聖殿で計画して進行した行事です。これはUCIで口を出す必要がないものです。干渉する必要もなく嫉妬する必要もないのです。

天一国二代王の出発式は三代王権の摂理的勝利です。

これに驚いて反対する者は、サタンしかいません。


▼UCI側の文亨進任(ムンヒョンジンニム)非難


UCI側で代身者文亨進任を非難しました。


第一に何かというと、神様の主権と神様の権威を侮辱し、三代王権を破壊するという罪を犯した。第二には、真の家庭の本来の秩序を崩し、真の家庭の定着を破壊したという罪を犯した。その主犯が末っ子文亨進任だ。このように主張しています。




もうあきれてしまいます。上のこの主張は正確に三男文顕進任にそのまま適用される話です。これを「盗っ人猛々しい」と言います。 一度見てみましょう。


 ※「盗っ人猛々しい」…韓国語は「賊反荷杖(적반하장) 」




「泥棒が反対に杖で打つ」という意味で、「まちがった人が何もまちがってない人をしかる」という意味。



第一に、チャムアボニムの御言葉に逆らって公金を持って出て行かれました。そして28個の法廷訴訟を起こしたことはチャムアボニムの主権と権威を無視したものです。


第二に、チャムアボニム⇒二代王文亨進任⇒3代王文信俊任(ムン・シンジュンニム)につながる三代王権を立てて下さいましたが、これを否定するというのは三代王権を破壊しようとするものです。




その次に、万民の前に標準になるべき真の家庭に、父母-子息間の闘争と兄弟間の闘争によって真の家庭の本然の秩序を否定したことです。真の家庭が世間の嘲笑を受け、真の家庭の地位が失墜されました。真の父母の体面をつぶすことになりました。



これは文顕進任(ムンヒョンジンニム)がチャンプモニムへの拒逆(きょぎゃく)と対抗をすることにより起こった事件です。


 ※拒逆(거역)하다 : 目上の人の意に背く


上で主張した全てのことは文顕進任にそのまま適用されるのであって、どうしてこれを二代王文亨進任に当てはめるのですか? もう一度内容をよく読んで見て、自ら一度よく判断してみてください。笑わせます。









×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。