シャボン玉のブログ

韓国情報、韓国聖殿の近況や私の日常のつぶやきなど綴っていきたいです。

●ティムエルダ-本部長「神の孫が祝福を受けます」

韓国聖殿のブログに祝福についてのティムエルダー本部長の英語のビデオが韓国語に翻訳されていたので、ダウンロードしました。韓国語は漢字が混じっているので、1) 英語を聞きながら、2) 韓国語の字幕を見て、3) エルダーさんの表情を見ればだいたいの意味が理解できると思います。 ウェルニッケ野を鍛えて言語能力の向上を図って下さい。^^*


※) ウェルニッケ野:
脳の領域の一部で、感覚性言語中枢と呼ばれています。音声言語の理解に関わる部位であり、大脳皮質の側頭葉にある上側頭回の後部に位置しています。人の言う言葉の理解のみではなく、自分の頭の中の考えを言葉として組み立てることもおこなわれています。この部位に障害を受けると、他人のことばの理解に困難を示すウェルニッケ失語の症状を呈します。



●ティムエルダ-本部長「神の孫が祝福を受けます」(英韓日,14分)



天宙天地人チャンプモニム天一国生命冊入籍祝福式


今回の祝福は、今まで誰も受けていません。チャンプモニムを除いて。
アボニムは、韓オモニムとご生誕日(2013年)に完成次元の祝福を受けたかったのです。しかし、それは起こりませんでした。なぜなら、彼女の不従順と背信により。
それにより、チャンプモニムの完成期の祝福は、陽暦2017年9月23日天暦天基8年8月4日まで延期されました。


この9月23日の祝福は、ハナニムがエデンドンサン(エデンの園)で、アダムとヘワ(エバ)に与えたかった祝福でした。その祝福はアダムとヘワが受けて、子女を繁殖し、宗族(そうぞく)、国家、世界、天宙次元まで広がります。そして、地上と天上に神の王国を創る予定でした。しかし、堕落によってそれは成せず、そして、ハナニムは六千年間役事して来られました。


最終勝利が2017年9月23日に起こりました。それは、神にとって素晴らしい勝利でした。
誰も奪うことができない素晴らしい勝利でした。


今、神の孫たちが祝福を受けなければなりません。ハナニムはアダムとヘワを息子娘として創ったけれども、ハナニムは孫は持ったことがなかったのです。それはアダムとヘワの子女です。このたびの陽暦2月28日の祝福は、ハナニムの孫たちが祝福が受ける時になります。


そして、その祝福は、宗族(そうぞく)、社会、国、世界次元に広がるしょう。
だから、この祝福は、(2017年)9月23日の祝福と同じように、途方もなく重要な祝福です。


家庭聯合の人達は誰もこの祝福を受けていません。この祝福はすべての次元を越えるでしょう。家庭聯合の誰もが達したことがありません。2013年に堕落したので。


チャンプモニム以外に人類が成したことのないまったく新しい次元に私たちは行きます。私たちが何かをしたのでこの祝福を受けるのではありません。純粋にハナニムとチャンプモニムの恩恵によるものです。


ハナニムが救援摂理、復帰摂理、六千年の聖書歴史を導かれ、今、私たちは末世(まっせ)にいます。これは末世に起こる事です。ですから、世界中の人々が受けるべき祝福です。


2月28日の祝福は、一回だけの機会ではありません。その祝福は第一回目の機会であり、それ以後の祝福は完成次元の祝福として行われます。今までアボニムの権限圏に戻っていない人たちも2月28日の祝福を受けることができます。別の祝福を受ける必要はありません。


もし、アボニムの権限圏に帰る祝福を準備している人たちが今、いるなら、私はそれを勧めます。なぜなら明日何が起こるかわからないでしょう?いつ霊界に連れて行かれるかもしれないし。だから長成次元のアボニムの権限圏に帰る祝福を受ける事を今日、準備しているなら私はそれを強くお勧めします。


2月28日以前に、アボニムの権限圏祝福を受けていない人も2月28日のすばらしい祝福をハナニムの恩恵により受けることができます。祝福を受ける人は男と女のカップルです。
このセレモニ-で子女達も聖酒をもらいます。祝福のために、新しい聖酒があります。聖酒は今、世界中に配布しています。いくつかの大陸では人を通して送られます。郵送もします。


聖酒を飲むのは2月28日まで待つ必要はありません。聖酒を飲むのは祝福の為の準備として前もって済ませて下さい。後で情報をお知らせしますが、各家庭では、父親が家庭祭司長です。父親を中心にして家庭で聖酒をいっしょにいただくことができます。2月28日までにそうすることをお勧めします。


これは人類歴史で成しえなかった新しい段階です。だから、できるだけ多くの人たちが2月28日に同参できますようにお勧めします。ここ、ニュ-ファンドランドでも、または、インタ-ネット放送による世界中で、さらに後にビデオでも受けられます。理想的には、世界中の70億の人たちがこの2月の祝福を受けることを願います。


これはハナニムとチャムアボニムへの最高の贈り物です。できるだけ多くの人々、カップル、家庭が2月28日のすばらしい祝福を受けられることを望みます。2月28日に創られる基台は、ハナニムによって使われる摂理として世界に広がるでしょう。


必ずしもここに来なくてもいいです。できるだけ多く来たらいいのですが、場所に限界があり、受け入れられるのは300組ぐらいです。遠隔で世界中の数千のカップルが参加し、多くの人々が祝福式に参加することを望みます。


2013年2月の偽りの基元節に参加した全員の祝福は韓オモニムとサタンにより奪われました。途方もない悲劇です。彼女はサタンと一つとなって、決定的に堕落しました。そして、サタンは私たちみんなを奪いました。


私たちが理解していなければならない事は、サタンはあらゆる方法で、ハナニムの摂理に挑戦しています。アボニムは再臨イエス再臨キリストとして、この世界にハナニムの御言葉とハナニムの血統を持って来られました。アボニムが他界された聖和後、サタンはこれらのポイントを攻撃しました。


サタンはハナニムの御言葉を攻撃しました。韓オモニムを通して、アボニムが変えてはいけないと言われた、八大教本の御言葉を改竄(かいざん)しました。そして、サタンは多くの祝福を壊しました。多くの祝福家庭を奪いサタンの血統に戻しました。


それは、陽暦2013年2月偽りの基元節に参加し、偽りの基元節聖酒を飲んだ私たちに起こりました。2013年以後3年路程がありました。2016年のアボニムの誕辰日(たんしんび)までが、アボニムが私たちに下さった祝福を回復できる期間でした。3千組ぐらいの家庭、実際には3千家庭以上が回復しました。一家庭に子供一人とすると、1万人以上になります。私たちはチャムアボニムの権限圏に戻り、実際には回復ができました。


3年路程にアボニムの祝福を回復したのは3千家庭ですが、これらの人たちは、40日聖別期間や三日行事、蕩減棒は再びする必要はありませんでした。アボニムの恩恵によって祝福を回復したので。


アボニムの誕辰日2016年2月以後は状況が変わりました。もちろん、アボニムの権限圏に戻ることはできます。全人類がアボニムの権限圏に来ることができます。しかし、今、祝福を回復してない人は、血統転換の過程が再び必要です。2016年のアボニムの誕辰日までにアボニムの祝福を回復していなかった人たちの祝福は、その人たちは3千家庭とは別の二代王による新しい祝福になります。その人たちは、血統転換の過程が再び必要です。なぜなら、その人たちは2013年2月にサタンの血統に連れて行かれたのですから。


だから、2016年2月以後に権限圏に戻る人は、血統転換の過程が再び必要です。それは、聖酒、40日聖別期間、三日行事、牧師の祈祷、蕩減棒です。それが今の現状です。


来(きた)る祝福はどのように与えられるかというと、チャムアボニムの誕辰2016年2月以前に祝福を回復した人はハナニムの血統を持っています。その人たちは、40日聖別とか三日行事などは必要ありません。なぜなら、今、アボニムの血統を保持していますから。


2016年以後にチャムアボニムの権限圏に帰った人、そして40日聖別期間、三日行事などを通過した人はチャムアボニム、ハナニムの血統に帰ったので、その祝福の後はそれらを再び通過する必要はありません。


なぜなら、祝福を失ったけれども、2016年以後にチャムアボニムの権限圏に帰ったので、今、天の血統を保持しているからです。だからそれらの過程を通過する必要はありません。天の血統を保持した後は。


今回(2018年2月)の祝福でチャムアボニムの権限圏に帰る人たちは、血統転換の行事を通過する必要があります。


すべては血統です。思い出して下さい。実際、聖書は二つの血統の闘いの歴史です。ハナニムの血統とサタンの血統の闘いが今も継続しているのです。私たちは闘いの中にあります。闘いが好き嫌いに関係なく。


私たちのゴールをはっきり確認して下さい。霊界に行ったらチャムアボニムの血統を持って行かなければなりません。天の血統です。他の物ではありません。


なぜなら、チャムアボニムの血統を保持している時のみに、私たちはチャムアボニムにつながるからです。最後にはハナニムの最終勝利があるでしょう。そこにはある時に苦しくある時につらいでしょう。


特に二世の場合です。二世もまた、その二世の位置を失いました。2013年2月に2016年のアボニムの生誕以前にまでに戻っていない人たちは一世になっています。


多くのつらいことが続くでしょう。しかし、どんな場合でも、いつも勝利への道があります。


いいですね。
ありがとうございます。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。