シャボン玉のブログ

韓国情報、韓国聖殿の近況や私の日常のつぶやきなど綴っていきたいです。

在韓日本人が青瓦台(チョンワデ)掲示板にあげた言葉

韓国で一昨日ぐらいから静かな話題になって拡散され、多くの韓国人から同意を得ている記事です。 韓国人からは『常識ある』。『やっぱり先進国的な考えだ』など、賛同的なコメントがついていました。


ちなみに、韓国では政府の青瓦台(チョンワデ)掲示板の『国民請願』にあげた内容で、
国民20万人から同意を得た場合、政府関係者から何らかの回答を得ることができます。


日本でも記事で紹介されていました。 皆様はどう感じるでしょうか? 


  ▼中央日報 日本語文要約紹介


日本語記事が要約での紹介だったので、実際に政府の掲示板に入って読んでみました。
日本語記事に無い内容もあったので、下記に日本語訳翻訳して転載します。


▼青瓦台掲示板(原本韓国語)
저는 한국에 살고 있는 일본인입니다.한국의 외국인 정책 여러부문에 문제점 고쳐주세요 > 국민청원 > 대한민국 청와대



―以下、日本語翻訳転載―


私は韓国に住んでいる日本人です。韓国の外国人政策のいくつかの問題点を直してください。


請願概要


私は韓国人の夫と結婚して10年以上韓国に住んでいる日本人です。
外国人である私が見ても韓国の外国人政策は、韓国人を差別して、外国人を優遇する非合理的なものです。韓国人の外国人政策をみると、韓国の政治家は馬鹿じゃないの?という思いまでします。改善が必要な問題点を挙げてみます。


1. "多文化"  という言葉を使用しないでください。
まず、多文化と、tvやメディアに出ますが、多文化という言葉自体が理解できません。
韓国の地で韓国文化が中心でしょうに、なぜ多文化ですか?狭い韓国の地で韓国文化でない、多文化を認めるならば、それは韓国文化を絶滅させるということですね?


韓国はすべてのメディアや政府すら自国の文化や自国民の保護より少数の外国人を中心にすべてのことをしています。バカみたいです。ヨーロッパが使用する多文化の単語をそのまま翻訳して扇動しています。ヨーロッパの多文化は、すでに失敗しました。多文化という言葉を使用しないでください。



2. 多文化家庭の優待を止めてください。
多文化家庭ではなく、国際結婚家庭です。さらに、外国人と結婚したという理由で、様々な恩恵の支援をしてあげていることを知っています。常識的に、東南アジア人だろうと、日本人、ヨーロッパ人と結婚したとしても、経済的水準は、それぞれ異なるでしょう。国際結婚家庭よりも韓国家庭がもっと困難に生活している場合もあるでしょう。


ところが、国際結婚家庭というそのただ一つの理由で、様々な恩恵を与えるということ自体が差別的です。国際結婚家庭も、ただ韓国家庭の一部として見なければなりません。各種の支援はむしろ、韓国家庭にも国際結婚家庭にも差別的なことなのです。



3. 難民法廃止、難民協約から脱退してください。
韓国はヨーロッパを生半可に真似しますが、本当に愚かです。
ヨーロッパにもすでにさまざまな副作用が出ており、自国民差別、犯罪増加、民族葛藤など多くの社会問題として現れている
社会的費用を考えれば、これ以上黙って見ていられないほどです。


※社会的費用 : 済学における費用概念の一つ。 市場経済において内部化されていない公害、環境破壊等により社会全体あるいは第三者が被る損失=負担させられる費用(外部不経済)のことをいう。


難民申請者の人道的在留ということは、結局、外国人貧困難民者の合法的在留・移民許可と言えます。​貧困外国人を韓国に増やして、いったい、韓国に利益は何ですか。すべての国は、外国人人材だけ自国に住めるようにします。​しかし、韓国は外国人貧困者を増やしています。常識的に韓国人の政治家は理解できないことだけします。


韓国人もお金がなくて病院に行けず、老人たちは廃紙を集めながら生き延びているのに、そのような国民は知らんぷりしながら外国人を連れてきて、家も与えて生計支援、医療支援、各種の恩恵ですって。韓国人は情があるといいますが、​同じ民族で韓国の発展を成し遂げた人々よりも、戦争になったら他の国に行けば終わりの​赤の他人の外国人がより重要なのですか?韓国人は情がありません。



4. 外国人を優遇しないでください。
韓国は外国人に選挙権まで与える国です。韓国の地で韓国人と外国人が同一にはなれません。韓国人は税金、国防などの義務を果たしますが、外国人はそうではありません。外国人に無料の医療、診療をしてくれますが、韓国人は外国に出たら病気になっても無料診療を受けられません。外国人は、果たして韓国に感謝するでしょうか。ただ間抜けなお人よしの国、それ以上には見ないでしょう。それが現実です。外国人を助けるお金で自国民でも助けてはいかがでしょうか?


韓国の政治家たちは、歴史的に見ても、合理的な判断と思考が不可能なようです。韓国の政治家たちは、昔から外国に自ら、公金や他人の金を私的に貸したり、国を他の国に自ら売りました。
なぜ韓国人は愚かな歴史を繰り返しすのですか。

歴史で何も学ぶことができない民族は希望も発展もないでしょう。


―以上転載終わり―



私は読んでみて、う,,,ぅぅ~ん。。
もちろん納得、同意する部分もありましたし、チクリときた部分もありました。
また、国際結婚家庭(=多文化家庭)に対する政策(恩恵)も、そこに書かれていた通りの内容が全て事実ではないものもありました。


多文化家庭というだけで、裕福でも、誰でも彼でも全て支援を受けれるわけではなく、
多文化家庭の大学の奨学金なども低所得家庭など、動、不動産など財産のチェックも厳しくして、もちろん成績もチェックしてその中から選出され合格すれば与えられたり、もちろん、その前に申請しなければなりません。裕福な、条件に満たない家庭などは敢えて申請さえしない、できなかったりします。これも各市町村、区など、自治体の経済力によっても支援する人数や支援が違います。


また、脱北者にも家を与えたり、各種恩恵がありますね。








×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。