シャボン玉のブログ

韓国情報、韓国聖殿の近況や私の日常のつぶやきなど綴っていきたいです。

●二代王「劉会長は大変感動的な証しをしました」


●劉会長は大変感動的な証しをしました (日本語, 27分)


当ブログの前の記事で紹介した2018年9月17日に放送された劉正玉会長の証しが、その二日後の9月19日、二代王が水曜礼拝の中で参席者達に視聴させられました。
この27分のビデオには、劉会長の証し「生きておられるアボニム」とその前後に二代王が聖霊役事についてお話しされた部分が入っています。このビデオは聖霊役事についての次の聖句の奉読から始まりました。


マルコ福音書16章17節:


信じる者には、このようなしるしが伴う。すなわち、彼らは私の名で悪霊を追い出し、新しい言葉を語り、へびをつかむであろう。また、毒を飲んでも、決して害を受けない。病人に手をおけば、いやされる。


二代王:


人間が知ることのできない超自然的な驚くべき世界に、その方達にちょうど必要な手術をして下さるんです。


治癒の役事は体の治癒だけではありません。ある長老の方には、肩と喉が痛かった時にアボニムはみんな手術をされたというんですね。


中にある内容。だれにも言わなかった内容だけれども、神様だけ知っている内容。そういう内容を手術されたんです。手術、聖霊の手術。そうしながら心の手術、霊魂の手術。見えない世界の内的な手術。人ごとに違うんですね。


アボニムに大きな拍手を!そういう聖霊の火を受けたら、すべて神様に栄光を捧げなければなりません。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。