シャボン玉のブログ

韓国情報、韓国聖殿の近況や私の日常のつぶやきなど綴っていきたいです。

●文亨進二代王「王国の文化と文明圏を学ぶのです」


●天の国に持って行けるもの 文亨進二代王 (韓国 語+日本語, 9分)


時:陽暦2018年4月25日水曜日
場:韓国語礼拝
所:世界平和統一聖殿本部


アイドゥルタイム(idle time)とは何ですか。 アイドゥルタイム。韓国語で何なの?だらだらしている時間?合ってる?だらだらしている時間はサタン主義の穴です、穴。ごろごろしている時間があればサタンが入って来ることができます。


快楽!は気持ちがいいから。 直線的に早い麻薬を食べるように、早くドーパミンを出すことができます。そうですね。


しかし、そんな人たちを見てみな、少しずつ悪化する。だんだん悪い人になる、おかしな人になる。そんなポルノ中毒した男子達が多い。異常になってしまう。怪物のようになってしまう。


女子がポルノドラマ、ポルノの中毒になりながら、韓氏オモニのようになってしまう。完全、バベロンの淫女(いんじょ)、怪物になります。 人間性と人としてのすべての内容がみんななくなってしまう。自己が一番つらい、自己が一番不幸だとだけ考える。他の人達を助け、他の人達を育て、他の人の為に汗を流し、血を流してできる事がみんな無くなってしまうじゃない。そう、そうじゃない?


平和軍警察は、ただあるブラジル柔術道場、MMA道場で学べるものではありません!
分かった?これは天一国の文明圏と王国の文化と文明圏を学ぶのです。


私達は小さな利己的な目的はありません。訓練しながら。もちろん、君達も試合にも出て、金メダルも取ってそのようにするでしょうが、それは一番重要ではありません。それもすべてなくなってしまう。天の国に持って行くことができない。


持って行けるものはハナニムを愛し、隣り人を愛した事。その徳。その多くの人達を育て、弱い捕食動物達の飼料になる事ができる人達を、強い狼達も追い出すことができる羊飼い、羊飼いの犬。合ってる?sheep dog、羊飼いの犬。狼ほど危険で恐ろしいが、それでも羊達を守り、羊飼いに従って。それを霊界で持つ事ができるのです。どういう事か分かりますか?


だから、ここ、カインとアベルがいる所、アボニムの文明圏と再臨主任(ニム)の三代王権がいる所に来る子供達が変わります。別人になります。一般的な訓練だけを受けるのではないから。君達が死んでハナニムの王国と王中の王が君達の中で輝くようになる事。それが!一番重要です。


平和軍警察訓練を通しながら、アボニムに私達は健康な生活。合ってる?こんな訓練をしなかったら、あんた達が運動しないでしょう?ずっとただ、肉がつくでしょう太ってしまい。


健康な生(せい)。体を保護し、体に健康な内容を取り入れ食べさせ。その次に心、精神的な訓練。 こんな内容について深く、より瞑想と考えて祈祷するようになったら、今のように。


君達はある深い次元の霊的訓練する事も学ぶようになる。私が死んでキリストが私の中に生きる。これは完全に基督教の根!根だ。 このような訓練を通しながら、君達がそれを直接的に経験できる事、死ぬ事。肉身的に。また、霊的に。君達が死んで、クリストの光とクリストの願い、御旨を成し出す事ができる道具になる事ができる。


この訓練を通しながら、私が死ぬ事により、ハナニムが私の中に生きておられ、私がある他の人達の人生を変える事のできるハナニムの一つの道具になることができるのか。


そんな人達を助けて上げ、発展させて、強化させ、しながらも、その人達がハナニムが下さった能力を利己的な方向ではなく、利他的なハナニムの為の、ハナニムの栄光の為の方向に導き出す事ができれば、君たちの能力がハナニムの御旨の為に使うようになるから、君一人より、はるかに!もっと大きな宇宙的な価値があるのです。


分かりますか?





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。