シャボン玉のブログ

韓国情報、韓国聖殿の近況や私の日常のつぶやきなど綴っていきたいです。

『教材・教本は信俊に行かなければならない。』2012年3月25日 天正宮


교재 교본은 신준님께 가야 한다.


教材・教本は信俊に行かなければならない。


엄마랑 같이 가야 돼요.
엄마가 해야  할 것은 이제부터의 훈독회니 교재는 나에게 떠납니다.
우리 신준님 앞에, 아니야 어머니한테 주어 가지고 이 교재가 신준이로 넘어가요.


オンマと一緒に行かなければなりません。
オンマがしなければならないことは、これからの訓読会だとか教材は私から離れます。
信俊様の元(前)に、いや、オモニに与えてから、この教材は信俊に渡ります。


어머니가 마음대로 나를 무시하면 이거 어머니한테 안 갑니다.
얘들한테 못 갑니다. 다 없어져야 된다는 거야.
교재-교본이 없어 가지고는 안 되는 거야.


オモニが勝手に私を無視すれば、これはオモニに行きません。
子供たちに行けません。みな、なくならなければならないというのです。
教材 - 教本がなくてはダメなのです。


보라구요. 교재-교본은 뭐냐 하면 8대인데, 이거 엑스(⨉) 자체에 걸리지 않아.
아하! ‘글 문(文)’자가 여기에, 어디에 갔나?
여기 뚜껑에 놓으면, 요렇게 놓으면 요거
동그란 이것을 중심삼고 이것이, 문(文)자입니다.
문(文)자. 제단을 말해요.


見なさい。教材 - 教本は何かというと8大ですが、これはX自体にかからない。
ははぁ!「文」の字がここに、どこに行ったか?
ここに蓋に置けば、こんなふうに置けば、これ、

​丸いこれを中心として、これが、「文」の字です。
「文」の字。 祭壇を示します。


2012년 3월 25일 (日). 천정궁  아침 훈독회  


2012年3月25日(日) 天正宮 早朝訓読会




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。