シャボン玉のブログ

2代王のみ言葉、韓国情報、韓国聖殿の近況などお知らせします。

■ 姜賢實先生「いつも感謝する心」(日本語ビデオ)

姜賢實(カン・ヒョンシル)先生は2016年の12月21日に韓国からペンシルベニアに出発されるときは、外的には生活に必要な最小限の物しか持って来られませんでした。しかし、内的には御言葉というたくさんの宝石が入った宝箱を背負って聖殿に来られました。今、ビデオや回顧録を通してその宝物をひとりひとりの聖殿食口に分け与えておられます。


連載した回顧録の第1部でもいろいろな宝物を私たちに見せて下さいましたが、
最後の「信仰者の十二峠」では、「感謝」という宝物を私たちに与えて下さいました。


削除された姜先生の回顧録・第二章 崔先吉女史の思い出;その8 - シャボン玉のブログ


▽----------
お父様は、「万事に感謝することができなければならない。万事に感謝するということはとても大変なことだ。人はありがたい時に感謝し、いい時に感謝するが、困難な苦境に処したときに感謝する事はとても難しい事であるから、ここにいる君たちは皆、万事に感謝することができる心を持つようにしなさい」と言われました。
△----------


原理的に言えば、神と子女間の授受作用において、「感謝」とは神と子女間の授受作用において、私たち神の子女が神様に返す「美」の要素の一つなのでしょう。
もしそうなら、返せば返すほど、授受作用がさらに円滑になり、主体と対象が一つとなって発展していくのは原理的にも合っています。


姜先生の回顧録第1部の最後に、どんな試練からも守ってくれる信仰の盾である
「感謝の心」という万能のアイテムを装備したことを私たち各自が確認して、
「ファイナル・ファンタジ-」…じゃなかった、(苦笑)
「姜先生の回顧録第2部」を出発したいと思います。(⌒▽⌒)


姜賢實(カン・ヒョンシル)先生
●「いつも感謝する心」(日本語 7分半)



日時:2015年10月 場所:清心ビレッジ


●いつも感謝する心


康賢實(カンヒョンシル)オモニ:


暗い心を持っていつも心配している人達がたくさんいるのですよ。神様は、生きているか死んでいるかしれないくらい心配するところだった。そんな事したらだめです。私達は貴い祝福を受けていますので、いつも私達が一番幸福な人ですよ。本当に福をあたえて下さいましたという感謝する心を持ってしたら道が開いてきますよ。予想することのできない感謝する内容が入ってきますよ。それを信じて、それを感じて生活して下さい。小さなことから大きなことまですべてがそうなのです。


だからね、いつも統一教会の信者たちを見たら、いつも心配している人達がたくさんいる。その人達はいつも心配の中で生きながら死んでしまうのです。ダメダメそれは。神様に感謝しなさい。   


さきに言った人のように、いつも感謝の心を抱こうというそういう心で生活したら宝が入ってきますよ。お金も入ってきますよ。本当に幸福がたくさん私達に入って来るのですよ。それをしなさい。そうしたらいつも嬉しいです。そうしたらいつも嬉しいです。そうしたら本当に感謝するしかないのです。感謝しなくてはたまらない、そういう心を持つのです。


だから今度、家に帰りましたらね、旦那さんに、「本当にこのようにすばらしい祝福を受けたので、私達はいつも本当に嬉しい心を持って、喜びながら生活しましょう。」として、いつも歌を歌いながら、あるときには二人でねダンスもしてね喜びなさい。そうしたら福が入ってきますよ。


そうしなくて明日食べるものも無いのに、そんなに心配したら食べるものもなくなってしまうのですよ。お金がないからこれからの生活をどうするかと。すべて神様におまかせして、王様におまかせして、私は世界で一番幸福なものですと思ったら、幸福な立場に立たせて下さるのです。本当にそうです。だからそれを心にかみしめて。いつも神様と真の御父母様を。


私は昔、イエス様を信じてきたので、この頃も、イエス様、私を見守って下さいといつもお願いしますよ。そうしたら本当にこのように生きていくのが心配じゃなくていい、いつも感謝しながら喜んで生活するんです。喜んで。為に生きますというのをね、自分が本当にいつも口からその話をし、生活をしたらその通りになるのですよ。そうその通りになる。


だから人を憎んだり、人に対してなにか不満を抱いたり、不平を言ったりしたら不平不満をすることがたくさん起こってくるのですよ。自分も知らずに、原理がそうなっているのです。だから良く生活をして、本当に喜びながら生活しないとだめです。


それでね、お二人(話を聞いてる食口)にも手をつないでお祈りをしながら、私達はもう御父母様からこのような人と祝福を受けさせて下さったのに、これからはもっともっと良いことばかりしようとして、二人でね、なにか願う事を設計しながら生活をしたら、福をわからないうちに、知らないうちに奇跡が起きるのです。それをみんなはわからない。悟った人はわかります。私(姜お母様)はね、悟りましたのでいつも感謝の心を持って生活するんです。


人を憎まなくて、どうしたらその人を助けてあげるか、その人の悩みがあれば、私が解決してあげなければならないのに、というそのような心をもって生活したら、もっともっとそういう方面で道が開かれるんです。だからそれは本当にいいことですよ。それを今度悟って、それを心の中でかみしめて下さい。


そのように生活したら、今日の晩から、今からもここにね、自分は自分は何の考えもしなくて来たのに、今から、この時間から病気があったら病気が治るし、何か自分がお金が無くて困っているならお金が入ってくる道も開いてくるし、いろいろな道が開いてくるのですよ。自分の心の持ち方、持ち方が問題ですよ。


私に病気があるのに、心配して、心の中でね、ああ、私はもう祝福家庭であります。病気が治ります。今すぐ治りますというそのような決心をして、そういう心を持っていたら治るんですよ。私もいろいろな奇跡をたくさん見ました。






×

非ログインユーザーとして返信する