シャボン玉のブログ

韓国情報、韓国聖殿の近況や私の日常のつぶやきなど綴っていきたいです。

●二代王の「タイニィ ハウス」作りによる若者育成プロジェクト、王家の教育


●天一国の若者達は王家の教育を受けるから (韓国語+日本語同時通訳, 18分)


この動画は楽しそうな「タイニィ ホーム」の話から始まります。前回は「タイニィ ハウス」と言われましたが、車で牽引されるトレーラーの上に建てる小さな家の事をいいます。二代王が以前説明されていましたが、「タイニィ ホーム」はキャンピングカーよりも移動式持ち家に近いものだと言うこと。


また、国進ニムはキャンピングカーを他州で購入して、ペンシルベニアの御自宅まで御夫婦で運転して持ち帰って来られたということも言われていました。これらがあればどこか旅行に行く時に、重い荷物を背負って宿泊先を探すこともないし、引っ越しも大変楽になりますね。


その他の重要な利点については、この動画でお話しされています。二代王は、「タイニィ ハウス」作りを重要な若者育成プロジェクトとして考えておられます。


昔、お父様が女性たちにヨスの40日修練会でボートの免許を取得することを勧められたことや、またそれを通して魚を釣って生活していけるようにいうお話されていたことをふと思い出しました。




........................................
<参照>





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。