シャボン玉のブログ

韓国情報、韓国聖殿の近況や私の日常のつぶやきなど綴っていきたいです。

2017.8.9 文亨進二代王 『韓氏オモニの罪がより大きい』


2017年8月9日
文亨進二代王 

■韓氏어머니의 罪가 더 커요
韓氏オモニの罪がより大きい
(日本語字幕,5分)


▼文亨進二代王

事実は、考えてみれば、郭グループはもちろん泥棒たちと不法行為もしましたが、実際には韓氏オモニの罪がもっと大きいです。


それが不思議ですか?なぜなら、もちろん1兆ウォンほどの資産を盗ん行ったんだけど、郭グループが、2兆ウォン。


(1兆ウォン≒1000億円≒10億ドル) 


しかし、韓氏オモニはそれだけの資産をみんな盗んで行って、また同じ瞬間に再臨主メシアまでみんな消しました。ですから、客観的に見た時に韓氏オモニは、より大きな犯罪人です。


このような悲惨な内容でありながら、そいつらに私が、「後継者、相続者、代身者、二代王」…その内容を言うたびに、そいつらの姿がしぼんでしまいます。


なぜ?私がアボニムの後継者という事実を私が決定したのではないから。私が決定しませんでした。そいつらが、一番嫌いな言葉はその言葉です。なぜ?私は現実を語っているから。私が願ったからアボニムが三回私の頭の上に王冠をかぶせて下さったのではないし…。



そのような後継者、何ですか、代身者?相続者。それは私が作った単語ではありません。誰が定めた名称ですか?萬王の王、チャムアボニム(真の御父様)。


ですから、このような内容そのような内容を話す時に、そいつらが、何?ウナギ?ドジョウ。ドジョウのようにシューと石の後ろに隠れます。本当に真理が本当に恐ろしいのは恐ろしいのです。私が作った名称ではないのです。


人びとはびっくりするでしょう?そのように、「私がアボニムの後継者、相続人、代身者、二代王だ」という時に、私たち聖殿食口たちは、それを十分にたくさん聞いたからびっくりしませんが、しかし、一般の人のような場合は、「二代王」…そんな言葉を聞いたらびっくりですよ。


▼權寧畢(권영필・クォン/ヨンピル) 敎授 


宣布文をもう一度読んでください。宣布文で、チャムアボニムは、「代身者・相続者は文亨進である。その他の者は異端者・爆破者である」と言われました。その通りです。即ち、「その他の者は、異端者・爆破者だ」と言われました。


「その他の者」とは誰ですか?即ち、文亨進任が、代身者相続者であることを否定する者。(それが)「その他の者」です。


韓鶴子(ハン・ハクジャ)オモニが代身者相続者を否定した時は、韓鶴子オモニが異端者・爆破者となるのです。もし、三男文顯進任(ムンヒョンジンニム)が「代身者・相続者が文亨進である」…これを否定するなら、その方が異端者・爆破者となるのです。








×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。