シャボン玉のブログ

韓国情報、韓国聖殿の近況や私の日常のつぶやきなど綴っていきたいです。

天一国憲法を待つクリスチャン

とても希望的な内容ですね。




■天一国憲法を待つクリスチャン (韓国語+日本語, 11分)



ヨハネの黙示録 14章


14節
また、わたしが見ていると、
見よ、白い雲が現れて、
人の子のような方が
その雲の上に座っており、
頭には金の冠をかぶり、
手には鋭い鎌を持っておられた。


15節
すると、別の天使が神殿から出て来て、
雲の上に座っておられる方に
向かって大声で叫んだ。
「鎌を入れて、刈り取ってください。
刈り入れの時が来ました。
地上の穀物は実っています。」


16節
そこで、雲の上に
座っておられる方が、
地に鎌を投げると、
地上では刈り入れが行われた。


17節
また、別の天使が
天にある神殿から出て来たが、
この天使も手に鋭い鎌を持っていた。


18節
すると、祭壇のところから、
火をつかさどる権威を持つ
別の天使が出て来て、
鋭い鎌を持つ天使に
大声でこう言った。
「その鋭い鎌を入れて、
地上のぶどうの房を取り入れよ。
ぶどうの実は既に熟している。」


19節
そこで、その天使は、
地に鎌を投げ入れて
地上のぶどうを取り入れ、
これを神の怒りの
大きな搾り桶に投げ入れた。


20節
搾り桶は、都の外で踏まれた。
すると、血が搾り桶から流れ出て、
馬のくつわに届くほどになり、
千六百スタディオンに
わたって広がった。





×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。