シャボン玉のブログ

韓国情報、韓国聖殿の近況や私の日常のつぶやきなど綴っていきたいです。

●二代王「ポ-ル ウィリアムズ博士、神様が準備された方」2018.8.8


●「ポ-ル ウィリアムズ博士、神様が準備された方」(韓国語+日本語, 4分)



2018年8月8日の韓国語礼拝は、ポ-ル ウィリアムズ博士の紹介から始まっています。
ウィリアムズ博士が隠れた世界政府の存在に目覚める前は、「ネオコン」であったと言われ、「ネオコン」とその背景にある「軍産複合体」についての説明をされました。


このビデオでも言われているように、つまり、「ネオコン」とは、「政治家が意図的に戦争を起こして軍事産業が儲けたお金を政治家達と分け合う仕組みとその人たち」ということでしょうか。


▼ネオコン(ネオ・コンサーバティブ)



<抜粋転載>


特にレーガン政権時代に台頭してきた新保守主義者。本来、保守主義者は、伝統的な価値観、信条などを守り、外交的には孤立主義的だが、ネオコンは米国の価値観や民主主義などを海外、特に非西欧社会に「移植」しようとする点で特異な存在。


自国に対する脅威(テロや大量破壊兵器など)が存在する場合には、「融和政策」(appeasement)を排し、時にはアメリカ単独でも軍事行動を強行するという意味で、極めて「帝国」主義的。その組織的拠点の1つに、1997年設立のアメリカ新世紀プロジェクト(PNAC:Project for the New American Century)があり、主唱者にチェイニー副大統領、ラムズフェルド国防長官、ウォルフォウィッツ前国防副長官(現世界銀行総裁)などが名を連ねている。しかしネオコンのブッシュ政権への影響はイラク占領後、急速に衰えたといわる。



<参照>




×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。