シャボン玉のブログ

韓国情報、韓国聖殿の近況や私の日常のつぶやきなど綴っていきたいです。

♪ゴスペル「弱い私を強く」


●弱い私を強く(韓国語+カナ+先唱, 6分半)


2018年11月14日水曜の讃揚(チャニャン)礼拝で歌われた静かな曲です。次の日曜日の日本聖殿の礼拝生中継をご覧の参席者達が歌えるように、カナあり先唱ありで編集されました。


このゴスペル「弱い私を強く」を韓国語で検索して見ると英語の題名を発見しました。
作詞作曲は、ルーベン モルガンという人で韓国製ゴスペルではありません。


What the Lord Has Done In Me / Words & Music by Reuben Morgan


 ▼英語の原曲もぜひお聴きください。
一般のキリスト教会の讃揚(チャニャン)礼拝の様子です。

What The Lord Has Done In Me - Hillsong Worship


▼ちなみに日本語での歌もどうぞ。

C 「弱いものでも」 What the Lord has done in me


.........................................................................................................


★ 韓国語歌詞+日本語訳★


弱한 나로 强하게
ヤクハン ナロ カンハゲ
弱い私を強く 貧しい私(の心)を富ませ


弱한 나로 强하게 가난한 날 富하게
ヤクハン ナロ カンハゲ カナンハンナル プハゲ
弱い私を強く 貧しい私(の心)を富ませ


눈 먼 날 볼 수 있게 主 내게 行하셨네
ヌンモンナル ボルスイッケ チュネゲ ヘンハションネ
目の見えない私を 見ることができるよう 主は私に行われた


호산나 호산나 죽임 당한 어린 羊
ホサナ ホサナ チュギム タンハン オリン ヤン
ホサナ ホサナ 死をこうむった 子羊


호산나 호산나 예수 다시 사셨네
ホサナ ホサナ イェス タシ サションネ
ホサナ ホサナ イエス 再び生きられた


내가 건너야 할 江 거기서 내 罪 씻겼네
ネガ コンノ-ヤ-ハルカン コギソ ネ-ジェ シッキョンネ
私が越えるべき川 そこで私の罪を洗われた


이제 主의 사랑이 나를 向해 흐르네
イジェ チュエ サランイ ナル ヒャンヘ フルネ
今、主の愛が 私に向かって流れる


깊은 江에 서 主가 나를 일으키셨도다
キプン ガンエ ソ ジュガ ナル イルキショッドダ
深い川で立つ主が 私を起こされた


救援의 노래 부르리 예수 自由 주셨네
クォンネ ノレ プルリ イェス チャユ チュションネ
救いの歌を歌うと イエス自由を下された


...............................................................................................................................


★英語歌詞★


Let the weak say, "I am strong"
Let the poor say, "I am rich"
Let the blind say, "I can see"
It's what the Lord has done in me


Let the weak say, "I am strong"
Let the poor say, "I am rich"
Let the blind say, "I can see"
It's what the Lord has done in me


Hosanna, hosanna
To the Lamb that was slain
Hosanna, hosanna
Jesus died and rose again


Hosanna, hosanna
To the Lamb that was slain
Hosanna, hosanna
Jesus died and rose again


Into the river, I will wade
There my sins are washed away
From the heavens mercy streams
Of the Savior's love for me


I will rise from waters deep
Into the saving arms of God
I will sing salvation songs
Jesus Christ has set me free


....................................................................................................



<一部抜粋>


ヘブライ語で、「どうか、救ってください」を意味するホーシャ・ナー(hosha na)に由来し、キリスト教において元来の意味が失われて、アーメン、ハレルヤなどと共に歓呼の叫び、または神を称讃する言葉となった。キリスト教の公的礼拝で使用されるヘブライ語の一つとなっている。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。