シャボン玉のブログ

韓国情報、韓国聖殿の近況や私の日常のつぶやきなど綴っていきたいです。

夫も考えてみよう♥「妻に愛される夫になるには」

以前、二代王の「健康な夫婦の性生活」のお話と「女が知らない男の心理」について書かせていただきました。


<参照>
●二代王「健康な夫婦の性生活」2018.11.21 水曜礼拝 - シャボン玉のブログ


宗教では「まず自分が問題」として、主・キリストに対して女性が信仰を立てることを求められ、おもに女性の信仰を問われます。家庭連合でもサンクチュアリでも夫婦の中で、妻の方が先に来られている方が多いせいもあるし、韓国では祝福家庭でも夫は通わない人も多いですからね。


しかし、正直な話、いつも女性の信仰が求められるので、「言えばこう言われる、こういう言葉が返ってくるってわかっているから、言えずにいてどんどん詰まってしまう」ってことで、口に出して言うことさえなくなる女性も少なくないかもしれません。
私はポンポン言いますがね。はは ^^;


それでそういう女性の脳や心理を知っていれば、男性も妻にどう接したらいいか、手助けになると思います、、ので、ぜひ知ってほしいです。 ( ̄ー☆キラリーン.


先回は「女が知らない男の心理」を書かせていただいたので、今回は、男性に対して「妻に愛される夫になるには」をご紹介したいと思います♪


夫の方が先に来られて妻を何とか連れてきたい、夫婦の仲を改善したいと思われている方も少なくないかもしれませんよね。


関心ある方は開いてご覧ください。いくつかは参考になるかもしれません。^^*
夫婦仲良くてもより奥様から愛されてください。
...............................................................



<目次>
1.「父親」として認められるにはまずは妻を恋人にすること
 
2.まずは妻を知ることからはじめよう
 1) 妻の「なんで?」な行動のメカニズム
  2) 子育て期は男女の激動期役割が違うから絆が深まる!


3.Q&A!どうすれば夫婦円満でいられる?
 妻の脳とホルモンを理解すればケンカのない円満夫婦に!
   Q1.妻がわけもなく突然キレるのは、なぜ?
   Q2.話してもしょうがない愚痴、オチのない話をするのはなぜ?
   Q3.パパを男として見ず、子供扱いするのはなぜ?
   Q4.仕事のことをなぜ妻は理解してくれないの?
   Q5.育児をしているつもりでも、頑張りを認めてくれないの?
   Q6.パパに冷たい妻。優しくしてくれないのは、なぜ?
   Q7.パパを異性として意識しなくなるのはなぜ?

.......................................................................................


上記中で、「そう、そうなのよ」と思ったことの一つをご紹介します。

女性の脳は、左右の脳をつなぐ連絡回線が男性より太く、
「好き・嫌い」などの感情の情報をいっぺんに流せる。
だから頭の中はすぐにいろんな情報でいっぱい。

話さないとパンク状態だ。話すこと自体が快感で、
他者に共感を求める「共感脳」。それに対し男性の脳は「解決脳」。

この違いを理解し、「大変だったね」と妻の存在自体を肯定する
言葉をかけることが大切。

長さは、15分でOK。妻側もちゃんと夫に聞いてもらうコツは、

「愚痴だけど、聞いてくれる?」という優しい配慮が重要!


俗にいう「女子会」では女性同士、愚痴、悩み事を言い合ったりします。
それで解決できればもちろん一番いいのですが、いい解決案がでなくても、吐き出せて、聞いてもらえるだけでも十分慰労になるのです。


でもそういう愚痴、悩みを妻が夫に話す場合、夫としては妻が〝解決してほしい”と要求していると思うのでしょうか? 男として、夫として、かっこよく解決してあげれない歯がゆさからでしょうか?


夫は怒り出すのです。「なんで(当の責任者でもない)関係ない自分に言うんだ?俺に聞いたってわからないっていってるじゃないか」とイライラして怒り出すのです。
それか、疲れた、うんざりって顔するとか。。


(あ、でもうちは少し変わってきました。私の話に耳を傾けてくれて
 私の味方というか、親身になって聞いてくれるようになりました。)


男性は解決してあげたい、解決してあげなければならないという責任感から
そうなってしまうんでしょうが、女性の脳は、女性の気持ちは、もちろん解決してくれれば一番ですが、解決案が出なくても「共感」してくれることでも十分慰労になるのです。
そして、あなたは奥様の強い味方になるのです。






×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。