シャボン玉のブログ

韓国情報、韓国聖殿の近況や私の日常のつぶやきなど綴っていきたいです。

●ティムエルダー本部長 「米国経済は崩壊寸前です」

アメリカだけじゃく、中国とアメリカ、日本に挟まって、韓国が一番大変かなという思いがしますが、アメリカが崩れたら、それこそ全世界により大きな津波が押し寄せますよね。


文亨進二代王は、去年2017年の今頃、「核戦争直前」と言われました。それから1年になります。その間、各ブログで「核戦争が今週起きる」とか「何月何日に北が空爆される」とかいう主張をみかけました。私は用心深くそのような主題は避けました。


韓国では今のところは戦争は起きずに、左翼の法曹界占領と世論操作による静かな?(武力・核戦争ではない)北朝鮮主導の南北統一、高麗連邦の実現に向けて動いているようです。


韓国の毎日のニュースを見ていると、朴槿恵(パククネ)の次は、李 明博(イ・ミョンバク)の逮捕。
次はサムスンという財閥への度重なる攻撃。教科書での思想教育や、慰安婦少女像の横に強制労働者の像を作ろうと騒ぎ立てる左派勢力等。


以前、二代王が「皆さんもなんとか耐えて、闘って、生き残るように」と言われた言葉を、そのような環境、事情に、個人的にも家庭的にも追い込まれていくことをひしひしと実感している毎日です。


先週2018年4月4日には、「米国経済が崩れる直前」とティムエルダー本部長が言われました。ここでも「直前」という言葉が使われています。聞いて知ってみるとこれは必ず起こるようです。しかしエルダー本部長は、別の場面では「明日かも知れないし10年後かもしれない」とも言われています。



● 美国経済は崩れる直前 (韓国語+日本語 9分)


ティムエルダー本部長:


美国(ミグク=米国)経済はそうでなくても崩(くず)れる直前です。国債もそうだし、21兆ドルの債務(借金)があり、そして、いろいろな問題があるから、美国経済もいつ崩れるかも知れない今、危険な状況で、少なくとも中国の(貿易)報復によって崩れることはありません。(崩れるなら)美国自ら崩れますが。


※ 21兆(ドル)×100(円)=2100(兆円)




美国の証券市場がこれから大幅に下がるという話も多く、今、美国のバブルがいくつかあります。そのバブルがいつ裂けるかわかりませんが、少なくとも中国に対してはそのように(対中関税)出てくるのがもっともいいようです。


韓国言論は親中国だから、その側に立って報道するでしょう?


ユノスクさん:


新聞だけ読めば中国が勝って、実際に現実を見れば美国が勝って…。中国と美国は競争対象になりません。


ティムエルダー本部長:


美国が崩れれば当然に中国も崩れるでしょう。今としては。


中国は2050年まで美国を踏んで上がり、世界第一の強大国になろうとする目標を持っていますが、美国を踏んで上がるべきで、美国を崩して上がればだめでしょう。


階段が崩れたら人が二層(二階)に上がって行けないでしょう。そうでしょう?


だから美国を階段とみなして上がるのであって、美国を亡ぼさせてはだめだということを中国人も知っているでしょう。美国が亡べば勿論、中国も亡ぶから。


国債を売りたくても国債に何か価値があってこそ売りますが、美国の国債の価値が無くなれば売りたくても売れないでしょう。そういう問題があります。


去る(2018年)3月26日、中国は自己たちのお金ユエン貨でもって石油を輸入を始めたでしょう?そうして、美国ダラ(ドル)にも挑戦しようとしていますが、それも今からだんだんしようと言う事であり、ある日 一日で美国ダラ(ドル)を崩そうというのではありません。今、(中国経済は)継続美国ダラ(ドル)に寄りかかっているし、美国経済に寄りかかっています。



美国は中国を(貿易)相対にできないようになったら痛いことは痛いです。しかし、国全体が崩れる程度にはならないでしょう。崩れるなら他の理由によって崩れるでしょう。それは美国自らの愚かな政策によって崩れるのであって、中国によって崩れるのではありません。


今、世界経済が私達が審判期にいるので、大変、危ない状況に世界経済があるのは事実です。
これからどのようになるかわかりません。だから二代王任はサバイバル技術をたくさん教えておられるのです。


美国は21兆(ドル)という国家の債務をこれはこのまま行く事はできません。しかし、継続増えています。22兆、23兆継続増えるでしょう。どこまで行って問題が起きるのか誰もわかりません。解決策を持っている人はいません。みんな「いつか崩れるだろう」という話だけしていて、政治家達は、「心配しないようにしよう。どうせ21兆あるのだから、21兆と22兆も別に差異がないじゃないのか。だから続けてお金を使おう」というようです。


予算法をトランプ大統領が署名したのですが、それが1.3兆ドルでした。それゆえに継続、負債が再び増えるのです。それは半分が軍隊の為の予算でした。1.3兆ドルの中の7千億ドルが軍隊の為の予算でした。オバマ政権の時に美国軍隊がだいぶ弱くなりました。それでその弱くなったのを再び強化する為にやむをえずサインしたとそのように大統領は釈明していますが。


その法を通過させる為に民主党が願うものをほとんどやったのです。民主党が願うのは何ですか。社会福祉です。社会福祉は結局民主党に票をやるようにする政策です。個人の自由を奪い個人の責任を無くしてただ政府に寄りかかるようにするそのような政策を民主党が主張していますが、そのような政策をたくさん認定してやったのです。



ですから軍隊は強化されましたが、美国経済はよりもっと難しくなるそんな影響があるのです。
美国という国が今、大変未来が暗い、暗いというよりも不透明というのが適切でしょうか。


ハナニムはどのようにして天一国を建てられるのか私達が分りません。しかし、必ず創建できる機会だけを下さる事は確実です(はっきりしています)。その機会が、ソ連が崩壊したように、美国の崩壊もありえます。そんな崩壊を通じて天一国が出て来るのかも知れません。


カリフォルニアでも美国合衆国を脱退する。あるいは脱退しなくても、カリフォルニア州を分割して州をいくつか作ろうという動きもあるし、そうする事により、美国合衆国内で分裂現象がまず起こることもありえます。


美国は南北戦争以後、脱退できないようになっていますが、今まで。その鉄則がだんだん崩れていく状況ではないか。私は個人的にそのように見ています。


今から混乱がたくさん起これば、その混乱の中で天一国が出て来ないか、そのように私は見ています。なぜならば私達が韓氏オモニの失敗のゆえに、審判の時期、混乱の時期を経(へ)ているからそうです。


もっと多くの話をしたいのですが、時間になりました。
ありがとうございました。







×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。