シャボン玉のブログ

韓国情報、韓国聖殿の近況や私の日常のつぶやきなど綴っていきたいです。

北朝鮮のミサイル発射実験より北の無人機や亡命軍人の方が怖い!?


韓国では、数日前に北朝鮮の無人機が墜落しているのが発見されたのですが、
それにはTHAAD配置の画像もありました。THAAD配置場所などの偵察でしょう。
今回は燃料切れのための墜落かという話がありました。


韓国では今まで墜落して見つかった北朝鮮の無人機が4台に過ぎないのですが、
墜落せずに韓国上空に侵入して無事ミッション成功して悠々と北朝鮮に戻っていった
無人機は数百台に上るだろうと専門家が話しているとか。^^; 恐ろしいことです。


小さいのでレーダーにひっかからないとか。そんな言い訳で済まされても。。
最近はリモコン操縦できるドローンなんてのもあるし、韓国の一般市民のものか北朝鮮のものか
飛んでいるときには区別もつかないでしょうし。もし、その北朝鮮の無人機に爆弾が仕掛けられていたり、生物化学兵器が載せられて空中爆破させられたら大変なことになるわけです。


ところで、韓国では北朝鮮の核実験やミサイル発射実験ももちろん恐怖ですが、各大国が核保有している中、北朝鮮は共倒れしてもいいと覚悟を決めない限りは朝鮮半島だけの戦争で終わらず、ロシア、中国、アメリカ、日本が加わる大戦争になってしまうので、よっぽどのことがない限り韓国領土にミサイルを撃ち込むことはないだろういと、多くの韓国人は考えています。
その反対に思想戦、工作員や従北派の労働組合を使っての活動や、無人機には肌身に感じるのか(?)敏感に反応しています。


そして、その無人機が発見されていくらも経たずに10代後半~20代前半の北朝鮮軍人が一人、 軍事境界線 を超えて来て、亡命しました。
これも、もしかして、墜落した無人機の回収のためにやってきたのではないか?
捕まったら、亡命と言い、見つからなかったら、ミッションを遂行して戻るつもりだったのではという
意見もいくつか出ています。


実際に、意外に北朝鮮からはやろうと思えば、軍事境界線 を超えて韓国に入りこむことは容易(?)なようで以前、亡命しようと入り込んできた北朝鮮軍人が眠っていた韓国軍人を起こして亡命の意思を表明したといことが発覚し、大問題になったこともありました。^^;


なんとも間が抜けた、頼りない穴だらけの国防です。
そのうち、THAAD配置の件を書きたいと思います。


・・・・・・・・・・・・・・・・ 
★ 북한군 1명 귀순... :: 네이버 뉴스 より一部翻訳転載



13日、北朝鮮軍1人が軍事境界線(MDL)を越えて亡命した。

合同参謀本部によると、亡命した北朝鮮軍1人は非武装状態で、韓国軍将兵らに亡命の意思を明らかにした。​北朝鮮軍1人は10代後半〜20代前半ということが分かった。


しかし、世論は亡命した北朝鮮軍1人が純粋な意図で亡命したかどうかについて​甲論乙ばくが繰り広げられている。​前日、北朝鮮無人機に驚いた胸をなでおろさなければならなかったためだ。


​9日発見された小型飛行体は、北朝鮮で送った無人機と推定されており、慶尚北道星州(キョンサンホクド・ソンジュ)ゴルフ場の在韓米軍THAADシステム基地上空から​10枚余の写真を撮影したことが明らかになり、安保への不安を加重させた。


何よりも北朝鮮無人機は、これまで4台発見した状況だが、​専門家は、墜落したものだけ発見されたので、​実際に北朝鮮無人機は、数百台に達すものと推定しているのが実情だ。
相次ぐ挑発性のミサイル発射に続き、無人機、北朝鮮軍1人のMDLを通しての亡命まで。
大衆は連日続く北朝鮮の挑発のためにも、北朝鮮軍1人の亡命も徹底した手続きを踏むを希望している。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・


 <参照> 

 



×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。